Geno-Weblog

銅版画家・岡本玄介のART制作・見聞雑記、個人的に気になる世界のART及びパスネットや東京メトロのポスターの制作秘話、
東京、N.Y.、プラハ、中国、ブラジル等での活動記録や裏話を紹介します。(文字サイズは「中」か「小」をお薦めします)
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
入選!(CWAJ現代版画展)
今回はちょっとしたご報告です。
これまで3度か4度チャレンジしていた「CWAJ現代版画展」から、
入選のお達しを頂きました。

主催のCWAJとは、College Women`sAssociation of Japanが正式名称で、
世界中の女学生に送るスカラーシップ(奨学金)を募るボランティア団体だそうです。
10/19よりアメリカンクラブで行われる版画展では、売上げの半分が奨学金に、
半分が作家に還元されます。

因みに今回(第52回)の審査員は、
・セントルイス美術館学芸員
・「版画芸術」編集顧問
・府中市美術館館長
・日本版画教会理事長・藝大名誉教授
・スミソニアン博物館学芸員
            と言う豪華な顔ぶれです。

因みに藝大教授の中林忠良先生は顔見知りで、大学版画学会に入会する際に推薦者
なって頂いた事があります。でも先生、きっとお会いしても"顔"と"アメリカ帰りの
デザイナー"位で、名前までは憶えてくれていないと思います(汗)

dazed and confused で、入選したのが
 この作品です。
 「Dazed and Confused」2006
 さー何枚売れるかな?

 展覧会はまだ半年先なので、
 その頃にまたリポート
 したいと思います。
 暫くお待ち下さい。

Blog Ranking
↑今日のランキング順位は?ポチっと押してください!
| ART | 13:17 | comments(4) | -
N.Y. ART旅行 - 105 キルヒナー
Ernest Ludwig Kirchner Ernest Ludwig Kirchner
 の「Street, Dresden」1908。
 エルンスト・ルートヴィッヒ・
 キルヒナー
建築を学んだ後、
 ミュンヘンで美術を学び、
 ドイツ表現派の代表作家となる。
 第一次大戦に参加するも極度の
 神経衰弱から除隊、療養しながら
 作家活動を続けるが、世間から
 “退廃芸術”と呼ばれた事に
 ショックを受け1938年に自殺

Ernest Ludwig Kirchner 随分前に書いたドレスデン
 リポートと比べると、現代の
 町並みとは相当違いが
 ありますが、昔はこのような
 感じだったのですね。
 小さくても美しい街です。

 ピンクの道路が目立つこの絵、
 フランスのフォーヴィスム
 影響を受けた彼の作風は、
 原色を使いまくり、独自の
 抽象を展開しています。

絵の中の人々の表情は、やはり何処かしら退廃的で不安感を醸し出しています。
だってこんなキュウリパックみたいな顔で真顔で街中歩かないでしょ、普通(笑)
MoMAの凝った演出の音声ガイド(貸出し無料)にもこの絵の解説が有ります。

因みにカンディンスキーとは青騎士グループでも一緒だったようで、その展覧会
出品しています。その他の作品や木版画等も世界中に収蔵されているのでチェック!


Blog Ranking
↑↑↑1日1クリックに感謝!今日のランキングは何位?
| ART | 14:25 | comments(2) | -
初の立体作品「さなぎ」
Chrysalis<br />
 前回の「New York ART旅行
 その14
」で立体作品が出たので
 思い出したように以前作った
 立体作品を紹介してみたいと
 思います。

 2004年の大晦日から翌年の正月
 明けまで横浜赤レンガ倉庫
 開催された日本・チェコ35歳
 以下20人アーティスト
平面と
 立体のコラボレーション展

 の為に作った初の立体作品で
 題名は「Chrysalis」…
 意味は「サナギ」です。

さなぎ 緊縛され、木にぶら下げられた
 人間と時間の移り変わり
 現した物です。今後脱皮脱出
 ・成長する彼ですが、何気に
 エコロジカルな麻布・麻紐で
 縛り上げられています。

 自分なりに空間的構図に凄く
 拘り、何も無い空間にも意味を
 持たせています。
 ちょっとジオラマ的感覚です。
 地表の色は朝から夜へ移り行く
 時間の経過を現します。

我々は世間体やしがらみ人間関係仕事など、常に様々なものに拘束されています。
その内面、そしてそこから明日に向かって抜け出すドラマを表現したかったのです。

暑い夏、蚊に刺されながら林の中に木の枝を捜しに行ったり、麻布を縫合したりと、
平面作品と違い、作る時は非常に面倒の多かったこれですが、出来は上々で、
またこのシリーズで作ってみたいと思っています。
アイディアはあるのですが、鉄を鋳造しなければいけないので実現はちょっと難しそう・・・
ん〜、違う案を考えてるか。

Blog Ranking
↑↑↑ブログランキング参加中。クリックお願いします!
| ART | 13:37 | comments(0) | trackbacks(0)
結婚式用 ウェルカムボード

もうかれこれ6〜7年前に知り合った友達(♀)より、その頃「結婚する時はウェルカムボード描いてね」と頼まれ「いいよ」とその時は軽く返事しておいたものの・・・。

2006年、そのコは当時から付き合っていた彼とついに結婚する事になり、「ボードを描く」という昔の約束を果たす時が来ました。

彼らの交際期間はかなり長いものだっただけに、ホントに結婚するの!?というあまり現実的ではない感覚が少々あるものの、せめてものお祝いにと、彼女の要望をふんだんに取り入れて描いてみました。
初の試みです。

時間や材料の制約で、水彩とアクリルで描きました。
額装してプリザーヴドフラワーと呼ばれる、生花と見まごうばかりのドライフラワーで装飾してくれるそうです。

ついにこの時がきたね。
二人ともお幸せに!


welcome board

Blog Ranking
| ART | 00:38 | comments(0) | trackbacks(1)
パスネットの図柄
パスネット

2005年12月より東京メトロで発売されたこのパスネット。
このデザインは銅版画で作られた岡本玄介の作品なのです。

題名は「Goodbye To Romance」
そう、あのOzzy Osbourneの名曲をタイトルにしたものです。
自分の作品は有名な映画や、主にRockの曲名から頂戴する事が多いのですが、
これはとても良くマッチしています。

以前は1000円券を80万枚作ってもらいましたが、今回は3000円券を30万枚だそうで、
発売開始から間も無くして売り切れて行った駅も多々有るようです。

2月も半ばの現在ですが、もしかするとまだ売っている券売機は有るかも知れません。
見つけたら是非お買い求め下さいね。


Blog Ranking
↑↑↑クリックお願いします!
| ART | 01:06 | comments(0) | trackbacks(0)
<< 2/2PAGES 


PROFILE
岡本玄介
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
LINKS
ART イベント情報
SPONSORED LINKS