Geno-Weblog

銅版画家・岡本玄介のART制作・見聞雑記、個人的に気になる世界のART及びパスネットや東京メトロのポスターの制作秘話、
東京、N.Y.、プラハ、中国、ブラジル等での活動記録や裏話を紹介します。(文字サイズは「中」か「小」をお薦めします)
<< レストラン壁画制作-07 | main | 【写真】プラハのミーシャ-11 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
N.Y. ART旅行 221 ピカソ青の時代
NYアート旅行記、メトロポリタン美術館編。
前回のピカソのギラついた農夫も是非どうぞ。

picasso ピカソ

今回はピカソが22才の時に描いた青の時代の「The Blind Man's Meal」。
1903年の秋にバルセロナで描いた作品です。
盲目男の食事」とでも訳すのでしょうか。
可哀想なくらい粗雑で、暗闇の中で摂る食事はさぞや味気の無い物でしょう。
これは誰かの肖像画ではなく、人間の苦悩を描いたもので、
当時のピカソ自身の心身共に豊かではない頃を象徴的に重ねています。
パンとボトルのワインキリストの血と肉を表し、宗教色も入っている訳です。
諸々を加味して考えてみると、結構これ陰鬱な絵なんですねぇ。


Blog Ranking

↑↑↑ランキングアップの為、応援の1クリックお願い!

JUGEMテーマ:アート・デザイン
| U.S.A. - ニューヨーク | 12:15 | comments(0) | -
スポンサーサイト
| - | 12:15 | - | -
コメント
コメントする











PROFILE
岡本玄介
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
LINKS
ART イベント情報
SPONSORED LINKS