Geno-Weblog

銅版画家・岡本玄介のART制作・見聞雑記、個人的に気になる世界のART及びパスネットや東京メトロのポスターの制作秘話、
東京、N.Y.、プラハ、中国、ブラジル等での活動記録や裏話を紹介します。(文字サイズは「中」か「小」をお薦めします)
<< Metro Music Oasis Vol.4 | main | I love NY >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
中国・杭州 銅版画研修会の旅 - その5
研修会は真ん中辺りで、分校から参加している生徒達が2日ばかり戻らなければいけなかったので、杭州初めてというメンバーで観光に出かけました。
とりあえず杭州周辺の観光です。

六和搭 950年に建てられた
 「六和塔(リューハーター)」。

 前回の霊峰塔と違い、
 歴史が感じられます。
 めちゃめちゃシヴイです。

 写真で観るとあまり判りませんが、
 かなり高いです。



六和搭 一階部分です。
 回廊をぐるっと回って
 横ら辺から入ります。

 仏閣関係の建造物を「魔除け」として赤く塗る
 日本の文化ですが、この搭もそれを
 思い起こさせます。
 そういった思想はやはり中国から
 伝来したものなのでしょうね。

六和搭の中 この搭自体がとても荘厳なのですが、
 中はひんやり涼しく、静かで仄暗く、
 益々荘厳な感じがします。

 重く圧し掛かってくるような、
 それでいて窓が多いのでスカッと
 抜けていく不思議な感覚を味わいます。

六和搭からの景色 最上階に辿り着くと、
 日が暮れかかっていました。

 人の居ない寂しい搭だけに、
 とても哀愁を感じます。

 しかし、何か癒されるような、
 和まされるような暖かさを
 感じます。

 何階まであるのか
 数えていませんでしたが、
 自分の足で登りきった時には
 心地良い疲労感達成感
 感じました。
 今日も一日お疲れ様でした。
 どうもありがとう、謝謝〜!
 という感じです。

Blog Ranking
↑↑↑クリックお願いします!
| 銅版画研修会 - 中国・杭州 | 13:09 | comments(0) | trackbacks(2)
スポンサーサイト
| - | 13:09 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://geno-web.jugem.jp/trackback/46
トラックバック
「謝謝」の意味
 「謝謝」という言葉は中国人は外国人には良く使うが、自分側の人達にはほとんど使わない。自分の親や子供には言わないし、親しい友人にもあまり言わない。言ったら逆によそよそしい、みずくさいと言われるからである。 中国のある大学でこのようなことがあったそうで
| 中国からみた中国と日本の違い | 2007/02/08 9:53 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/05/06 4:16 PM |


PROFILE
岡本玄介
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
LINKS
ART イベント情報
SPONSORED LINKS