Geno-Weblog

銅版画家・岡本玄介のART制作・見聞雑記、個人的に気になる世界のART及びパスネットや東京メトロのポスターの制作秘話、
東京、N.Y.、プラハ、中国、ブラジル等での活動記録や裏話を紹介します。(文字サイズは「中」か「小」をお薦めします)
<< チェコアニメ映画祭 2006 観てきました | main | Tシャツデザイン・・・発売中! >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
ドレスデンARTの旅 - その4
 長らくお待たせ致しました。
 「世界のアート・ドレスデン編」その4です。

 こちらはドレスデンの象徴であったバロック様式の
 フラウエン教会(聖母教会)

 大戦終結直前の大空襲で崩壊し、旧東独政府は戦争警告の
 記念碑として瓦礫の山を残しておいたが2004年、60年の
 年月を経て復活しました。
 復建を決めてからは世界最大のパズルと呼ばれていました。
 何故なら崩れ落ちた瓦礫はなるべく元の場所に戻して使おう
 としていたからなのです。
 
 こちらは前回の美術館からの続き。

 何処か砂漠の国の市場の一風景
 でしょうか。
 藁葺き(?)の屋根から漏れる
 太陽光が、かんかんと照らす
 強い日差しを連想させます。
 そして、その世界の日影で憩う
 人々の絵だと思います。
 とある日常の午後のようです。

 まさに砂漠の民という感じです。
 ラクダに乗って砂丘を渡り
 歩いています。
 
 この旅人は何処から来て、
 これから何処へ行くのでしょうか?

 東京砂漠に住む私達にも訴えかける
 そんな絵です。

 ここは大きな川に面した
 船着場かもしれません。

 やはりここも木漏れ日
 強い日差しのある午後だと
 いう印象を、爽やかに演出
 しています。
 とにかくこれらの絵からは
 吹かない風や、やる気の失せる
 暑さ
体力を奪う太陽光など、
 強烈な空気感が漂ってきました。

Blog Ranking
↑↑↑クリックお願いします!
| ドイツ - ドレスデン | 00:12 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
| - | 00:12 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://geno-web.jugem.jp/trackback/35
トラックバック


PROFILE
岡本玄介
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
LINKS
ART イベント情報
SPONSORED LINKS