Geno-Weblog

銅版画家・岡本玄介のART制作・見聞雑記、個人的に気になる世界のART及びパスネットや東京メトロのポスターの制作秘話、
東京、N.Y.、プラハ、中国、ブラジル等での活動記録や裏話を紹介します。(文字サイズは「中」か「小」をお薦めします)
<< 銅板画 「Burn」&「Skull」 | main | 銅板画 「Desire For New Days」 >>
N.Y. ART旅行 - 105 キルヒナー
Ernest Ludwig Kirchner Ernest Ludwig Kirchner
 の「Street, Dresden」1908。
 エルンスト・ルートヴィッヒ・
 キルヒナー
建築を学んだ後、
 ミュンヘンで美術を学び、
 ドイツ表現派の代表作家となる。
 第一次大戦に参加するも極度の
 神経衰弱から除隊、療養しながら
 作家活動を続けるが、世間から
 “退廃芸術”と呼ばれた事に
 ショックを受け1938年に自殺

Ernest Ludwig Kirchner 随分前に書いたドレスデン
 リポートと比べると、現代の
 町並みとは相当違いが
 ありますが、昔はこのような
 感じだったのですね。
 小さくても美しい街です。

 ピンクの道路が目立つこの絵、
 フランスのフォーヴィスム
 影響を受けた彼の作風は、
 原色を使いまくり、独自の
 抽象を展開しています。

絵の中の人々の表情は、やはり何処かしら退廃的で不安感を醸し出しています。
だってこんなキュウリパックみたいな顔で真顔で街中歩かないでしょ、普通(笑)
MoMAの凝った演出の音声ガイド(貸出し無料)にもこの絵の解説が有ります。

因みにカンディンスキーとは青騎士グループでも一緒だったようで、その展覧会
出品しています。その他の作品や木版画等も世界中に収蔵されているのでチェック!


Blog Ranking
↑↑↑1日1クリックに感謝!今日のランキングは何位?
| ART | 14:25 | comments(2) | -
スポンサーサイト
| - | 14:25 | - | -
コメント
突然のコメント失礼いたします。
私アライドアーキテクツ株式会社の清水と申します。
この度はいろいろなデザインの情報を集めたクチコミサイトのスタートに際しまして、
是非ともお力添えを頂きたくコメントさせて頂きました。

このサイトの仕組みは、皆様のブログの記事の中から
デザインに関する記事のみをサイトに収集し、
クチコミサイトを作るというものでございます。
ブログを読ませていただきまして、ぜひともご協力いただきたく
思いまして、コメントという形でご連絡させていただきました。

特にお手間を頂戴する訳では御座いませんが、ご投稿されている記事を収集してサイト上で使用する許可を頂ければ幸いでございます。
記事が収集されると元記事へのリンクが貼られますので、サイトからの訪問者の増加が期待できますので、サイトのアクセスアップに活用いただければ
幸いでございます。また詳しい説明や以下のページからご確認頂ければと思います。何卒宜しく願いいたします。

【説明・登録ページ】
http://www.edita.jp/admin/blogger_regist.php?id=1029&c=0

【お問い合わせ】
support3@edita.jp
| shimizu | 2007/02/27 10:51 AM |
>アライドアーキテクツ株式会社 清水 様

コメントどうも有難う御座います。
記事の紹介は、こちらからお願いしたい位です。
なかなか日本国内では収集し難いアート全般の
記事を書いていますので、何かのお役に立てれば幸いです。
是非ともよろしくお願い致します。
| げんすけ | 2007/02/27 2:47 PM |
コメントする